読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画貧乏日記

映画貧乏からの脱出は可能なのだろうか。おそらく無理であろう。ならばその日々を日記として綴るのみである。

「ふきげんな過去」

「ふきげんな過去」
テアトル新宿にて。6月29日(水)午前11時より鑑賞。

♪暑い夏がまたやってきたぜ! 「サマータイムブルース」。子供バンドのほうでお願いします。

それにしても暑い。オレの部屋はサウナか? もちろんクーラーなどない。金がなくて買えない。この間、ヤマダ電機のチラシを見ていたら6万いくらのクーラーが出ていたから、一瞬、「おっ」と思ったものの、そんな金はなかったぜ。イエイ! なので、私は映画館へ涼みに行く。6万円はないが1100円ならある。おまけに、二階堂ふみの映画だぜ。ヤッホー!

二階堂ふみの出ている映画にはハズレがない。なぜなら、二階堂ふみを観るだけで十分だからだ。どんなに駄作であろうと、そこに二階堂ふみがいるだけでいいのである。園子温監督の『ヒミズ』で彼女を見た時の衝撃は、塩田明彦監督の『害虫』で宮崎あおいを初めて見た時の衝撃に匹敵するものだった。何だ、あの存在感は! 演技の巧拙とかを超えているではないか。というわけで、それ以来、彼女が出演している映画は極力観るようにしているのだ。もちろん全部じゃないですけど。

この日観たのは『ふきげんな過去』。世の中にヘンな映画はたくさんあるが、この映画もかなりヘンだ。冒頭は、北品川の食堂“蓮月庵”で暮らす女子高生・果子(二階堂ふみ)の不機嫌そうな顔がアップになる。これがまた強烈な顔だ。絶品である。この二階堂ふみの顔だけでも観るべき映画だと思う。

その表情に象徴されるように女子高生の果子は、いつも不機嫌。人生を諦観して、死ぬほど退屈な毎日を過ごしていた。そんなある日、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が突然帰ってくる。未来子は果子が赤ん坊の頃に爆弾事件を起こした前科持ちで、今は戸籍もない。自分の部屋に図々しく居候する未来子に、いら立ちを募らせる果子だったが……。

未来子の帰還に揺れ動く家族の姿を、果子と未来子との交流(というよりもバトル)を中心に描いたドラマだ。それがなぜヘンなのか? まず舞台となる果子の家からしてヘンである。北品川の“蓮月庵”という食堂だが、もともとはソバ屋。しかし、豆料理が得意だという謎の外国人が現れたことから豆料理の店に変身。今は祖母や母などとともに連日、豆の皮をむいている果子。店はいかにも昭和テイストで、いつも扇風機が回っている。

未来子の過去もヘンだ。彼女はかつてヤクザの事務所に爆弾を仕掛けて捕まり、その後死んだことになっていた。しかも、今まで何をしていたのか不明。謎の組織に監禁されていたという疑惑まで浮上する。果子の父親とも深い関係にあったらしい。

それ以外にも、冒頭近くで飛び出す赤ん坊がワニに食われたという話、未来子の消息にも関わる謎の誘拐事件と被害者の青年など、奇妙奇天烈な逸話のオンパレード。「何じゃこれは?」という感じなのだが、観ている分にはそれなりに楽しい。ディテールに食いつきながら、どうでもいいことを言い合う登場人物の会話が、オフビートな笑いを生み出していく。

監督・脚本は、演劇界で有名な前田司郎。映画監督デビューを飾った前作『ジ、エクストリーム、スキヤキ』でも、オフビートなゆる~い会話劇を炸裂させていたが、今回もそれが健在だ。おかげでクスクス笑いながら最後まで観てしまう。そういえば、こういう会話劇って下北の小劇場あたりでやっていそうだよねぇ~。

そんな会話の中に、ごくたまにマジなセリフがあったりするのも面白いところ。未来子が果子に対して言う「人間は結局孤独だ」「見えるものばかり見ても仕方ない」的なセリフには、思わず「うーむ」とうならされてしまう。

未来子に連れられて、果子といとこの小学生カナが、昔の村の跡に硝石を探しに行く……なんて展開もユニーク(しかも、トイレの跡)。でもってもその硝石で爆弾を作ったらアララララ。ラストの展開も脱力系だ。普通はああいうことが起きたら、ファンタジー的なぶっ飛んだ展開になるはずでしょ。宇宙船に乗るとか。なのに、なぜか突然お茶の間劇になってしまう。そして例のワニがついに……。

とにかく人を食いまくったドラマである。未来子と果子(過去)というネーミングでもわかるように、未来と過去をテーマに果子の成長を描いているわけだが、そういうことに関係なく楽しめる。こういうドラマって、ハマる人はハマるんじゃないでしょうか。

それよりなにより、この映画の最大の見どころは小泉今日子二階堂ふみの共演だろう。どちらもそれぞれの個性を発揮した素晴らしい演技。そうめったに見られない2人の共演だけでも観る価値のある映画だと思う次第。

今日の教訓 二階堂ふみはやっぱり映画のミューズだ。

●今日の映画代1100円(テアトル系は、毎週水曜はこのお値段。)