映画貧乏日記

映画貧乏からの脱出は可能なのだろうか。おそらく無理であろう。ならばその日々を日記として綴るのみである。

「嘘を愛する女」

嘘を愛する女
ユナイテッド・シネマとしまえんにて。2018年1月20日(土)午後2時10分より鑑賞(スクリーン5/G-13)。

長澤まさみの演技を最初に観たのはいつだったろう。彼女のフィルモグラフィーを見ると、どうやら2002年の塩田明彦監督の「黄泉がえり」のようだが、脇役だったこともあって印象は薄い。

彼女の存在感を強烈に印象付けたのは、何といっても2011年の大根仁監督の「モテキ」だろう。女優を撮るのに天才的才能を発揮する大根監督のもとで、彼女の魅力がいかんなく発揮されていた。その後の出演作でも、是枝裕和監督の「海街diary」をはじめ、見応えある演技を披露している。

 

その長澤まさみの最新主演作が「嘘を愛する女」(2018年 日本)である。オリジナルの映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の第1回でグランプリを受賞した企画の映画化。監督はCM監督として活躍してきた中江和仁。これが初の長編映画となる。

主人公は食品メーカーで働く川原由加利(長澤まさみ)。バリバリのキャリアウーマンとしてメディアでも取り上げられる存在だ。

映画の冒頭は、彼女が研究医の小出桔平(高橋一生)と知り合うシーン。それは、東日本大震災が起きた当日。電車がストップし、駅で気分が悪くなった由加利を桔平が助ける。それをきっかけに2人は同棲を始める。

そして5年目を迎えたある日。突然警察が訪ねてきて、桔平がくも膜下出血で倒れたと告げる。しかも、彼の運転免許証や医師免許証はすべて偽造されたものだった。職業も名前も全てが嘘だったのだ。

ショックを受けた由加利は、桔平の正体を突き止めるべく、私立探偵の海原匠(吉田鋼太郎)に調査を依頼する。その調査の過程で、桔平が書き溜めていた700ページもの未完成の小説が見つかる。その内容を手掛かりに、瀬戸内海へと向かう由加利だったが……。

サスペンスと恋愛ドラマがミックスされた作品だ。身の回りの人物の身元が全部ウソだったというのは、けっして珍しくない設定だが(結婚詐欺師ネタをはじめ)、その人物が書いた小説を手掛かりに正体を突き止めるという展開が面白い。

その小説は、夫婦と幼い子供の幸せな日々を描いたもの。どうやら、夫は桔平らしい。では、妻と子供は誰なのか? それがこのドラマの大きな鍵になる。

というわけで、ネタ自体はなかなか面白いのだが、残念ながら脚本(中江監督と近藤希実の共同脚本)が物足りなく感じた。まず由加利をはじめ人物のキャラがステレオタイプすぎる。そのため彼らの口から飛び出すセリフも、ありきたりで今ひとつ面白みがない。

せっかく東日本大震災をドラマの起点にしつつ、それだけで終わっているのも何だかもったいない。震災を起点にするなら、そことリンクさせる何かがドラマに欲しかった。

それより何より物足りないのがサスペンスとしての緊迫感だ。由加利と探偵の海原が真相に迫る経緯は、それなりによく考えられているのだが(一度桔平の正体に迫ったと思わせてアララララ……という展開など)、どうでもいいシーンも多くて盛り上がらない。由加利と海原が旅館で同じ部屋に泊まるエピソードなんて不要だろう。全然笑えなかったし。

恋愛ドラマとしての深みもあまりない。これはセリフのつまらなさとも大いに関係していると思うのだが、由加利と桔平の結びつきの強さや、それが崩れた時のショック、切なさがうまく伝わってこないのだ。

それでも終盤に向かうにつれて、ようやく心が動かされ始めた。桔平の正体がついに判明し、それにまつわる悲しく衝撃的な出来事が提示されるのである。

さらに、その後に明かされるのは、小説自体の根幹にかかわる秘密だ。過去を見ていたと思われた桔平が、実はそうではなかった……という事実。それをふまえて由加利が、昏睡状態の桔平に語りかけるシーンが圧巻だ。文句なしに感動せずにはいられない。ここでの長澤まさみの演技は、さすがだという以外にない。

脚本にはケチをつけたが、一方で演出はなかなかのものである。フラッシュバックの使い方をはじめ、いかにもCM監督らしい鮮烈さを感じさせた。

それより何より、この映画の最大の見どころは役者の演技だろう。進境著しい長澤まさみの演技に加え、探偵を演じた吉田鋼太郎が演技派らしい貫禄の演技を披露している。彼の妻を演じた奥貫薫、徐主役を演じたDAIGOなどの脇役の演技にも、見るべきものがあった。

それに対して、この映画の最大の謎は川栄李奈演じるストーカー女である。あの役には何の意味があったのか。ただの賑やかしにしか思えないのだが。せっかく出すなら、もっとドラマ的に意味のある出し方をして欲しかったのである。

とまあ、けっこう文句は付けたものの、けっしてひどい映画ではないし、恋愛サスペンスとしてそつなくまとまっているので、観ればそれなりに満足できるかもしれない。女性は特に由加利に感情移入できれば、心を動かされるのではないか。

ただし、これが「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」のグランプリというのはどうなんでしょう。映画化したくてもなかなかできない面白い企画が、他にもたくさん埋もれていそうな気がするのだが。ねぇ、TSUTAYAさん。

●今日の映画代、1500円。ユナイテッド・シネマの会員料金で。

f:id:cinemaking:20180121211059j:plain

◆「嘘を愛する女
(2018年 日本)(上映時間1時間57分)
監督:中江和仁
出演:長澤まさみ高橋一生、DAIGO、川栄李奈野波麻帆初音映莉子嶋田久作奥貫薫津嘉山正種黒木瞳吉田鋼太郎
*TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開中
ホームページ http://usoai.jp/

「目撃者 闇の中の瞳」

「目撃者 闇の中の瞳」
新宿シネマカリテにて。2018年1月17日(水)午前11時45分より鑑賞(スクリーン1/A-9)。

そんなにたくさん観ているわけではないのだが、台湾映画といえば瑞々しい青春映画のイメージが強い。2002年の「藍色夏恋」などは、今でもオレのベスト青春映画の上位にランクされる作品だ(製作は台湾・フランスの合作)。

だが、そんなイメージをひっくり返す台湾映画が現れた。「目撃者 闇の中の瞳」(目撃者/WHO KILLED COCK ROBIN)(2017年 台湾)である。まさに戦慄のサスペンス・スリラー。台湾映画だと告げられずに観たら、韓国映画か香港映画だと思ってしまったかもしれない。

冒頭の嵐の中のシーンから、一気にスクリーンに引き込まれてしまった。暗く、重く、ヒリヒリするような緊迫感が漂う。いったい何が起こったのか。

2007年。新聞社で実習生として働くワン・イーチー、通称シャオチー(カイザー・チュアン)は、ある嵐の夜、郊外の山道で車同士の当て逃げ事故を目撃する。被害者の男は死亡し、助手席の女性も瀕死の状態だった。シャオチーはとっさに現場から逃走する車の写真を撮影し、上司のチウ編集局長(クリストファー・リー)に見せるが、ナンバープレートの数字が判読不可能であったため記事にはならず、犯人が捕まることもなかった。

と、あらすじを書いてみたものの、実はそれがすべて明らかになるのは後のこと。最初は何がなんだかわけがわからないのだ。事件の全容を一度に見せるのではなく、小出しにしてフラッシュバックで少しずつ明らかにしていく仕掛けだ。これが謎を増幅していくのである。

そして、場面は9年後に移る。敏腕記者となったシャオチーは、交通事故の現場に行き、そこで国会議員の不倫を目撃する。その帰り道、彼は買ったばかりの中古車をぶつけてしまい修理に出す。すると、その車は過去にも事故に遭っていたことが判明する。さらに警察で車両番号を照会したところ、なんと以前の持ち主は9年前の当て逃げ事故の被害者だった。そう。シャオチー自身が目撃者となったあの事故だった。

そんな中、シャオチーは新聞社を解雇されてしまう。例の国会議員の不倫報道だが、実は2人は夫婦であり、名誉毀損で新聞社を訴えると言い出したのだ。それでもシャオチーは、先輩記者マギー(シュー・ウェイニン)の協力を得て9年前の事故の真相を調べ始める。

最初にシャオチーが行きついたのは、瀕死だった事故の被害者女性シュー・アイティン(アリス・クー)だった。病院を抜け出して姿をくらましていた彼女を探し当て、話を聞こうとするシャオチー。だが、それは悪夢の始まりだった……。

それにしても謎が謎を呼ぶドラマである。かつてシャオチーが撮影した写真は、何者かによって一部のデータが消去されていた。また、シュー・アイティンは車を運転していた男は飲酒運転だったというが、それは真っ赤なウソだった。9年前の事故と同じ日には身代金目的の幼女誘拐事件が発生していた。というように、次々と疑惑が浮かび上がってくる。謎のテンコ盛り状態なのである。

事件周辺でうごめく怪しい人々の姿も気になるところだ。すでに述べた先輩記者マギー、上司のチウ編集局長に加え、自動車修理工のジー、若い警官ウェイ(メイソン・リー)などなど。そしてシャオチー自身も……。そうした人々の証言が食い違い、真相がますますわからなくなる「藪の中」状態も、この映画の大きな特徴である。

チェン・ウェイハオ監督の手腕が見事だ。特に映像に特筆すべきものがある。手持ちカメラの映像を中心に鮮烈な映像を次々に繰り出して、ミステリアスさやおどろおどろしさ、緊迫感などを生み出していく。フラッシュバックの使い方も印象に残る。

ドラマは二転三転して先が読めない。「え!そうなの?」と何度も驚かされてしまった。冷静に考えれば都合のよすぎる展開もあるし、つじつまが合わないように思える部分もある。だが、作り手の気迫や熱量のようなものに圧倒されて、観ているうちはそれほど気にならなかった。

いったいこの複雑怪奇な物語に出口はあるのか。後半になって、実はシャオチー自身にも秘密があることがわかる。彼が事件の真相を追う真の動機も、そこにあったのだ。

だが、終盤の見どころは謎解きではない。欲望にとりつかれた人間たちのおぞましい姿だ。凄惨で猟奇的な場面も登場する。圧倒的なエネルギーを持つ本作においても、終盤のエネルギーは異様なすさまじさである。

ここに至って、この映画はサスペンス・スリラーの枠を飛び越えて、戦慄のホラー的世界へ突入する。人間の暗黒面が大きな渦を作り、底なし沼のようになっていく。何なんだ。こいつらは~~!!

当然ながら、エンタメ映画のようなわかりやすさやカタルシスには行きつかない。苦く、そして重たく、含みを残すエンディングである。

同時に、一度観ただけでこの複雑怪奇な物語の全容まで知るのは困難だ。途中で疑問に思った部分も、最後の結論から考えれば巧妙な伏線だったのかもしれない。というわけで、もう一度観たくなってしまったのである。

この手のサスペンス・スリラーやホラー映画が好きな人にはぜひおススメしたい映画だ。逆に、映画に楽しさやストレス解消を求める人には絶対におススメしない。何にしても破格の映画である。こんな台湾映画は初めて観たぜ!

●今日の映画代、1000円。シネマカリテの毎週水曜の映画ファンサービスデー料金で。

f:id:cinemaking:20180119205840j:plain

◆「目撃者 闇の中の瞳」(目撃者/WHO KILLED COCK ROBIN)
(2017年 台湾)(上映時間1時間57分)
監督:チェン・ウェイハオ
出演:カイザー・チュアン、シュー・ウェイニン、アリス・クー、クリストファー・リー、メイソン・リー
*新宿シネマカリテほかにて公開中。順次全国公開予定
ホームページ http://mokugekisha.com/

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」
角川シネマ有楽町にて。2018年1月14日(日)午後1時35分より鑑賞(G-8)。

子供の頃から視力が弱かったのだが、最近はますますひどくなった。両目とも眼底出血を起こして、左目は注射(1本4万6000円だっ!)でどうにか回復したものの、右目は注射が効かなかったため視野の中央がゆがんでよく見えないのだ。とはいえ、日常生活に大きな支障はないし、眼鏡をかければ映画の字幕も読めるので贅沢は言えない。

それに比べたら、「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN)(2017年 ドイツ)の主人公は、すべてがぼんやりとしか見えないのだから大変だ。何しろ邦題通りに、普通の人の5%しか視力が残っていないのだ。

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマルク・ローテムント監督による本作は、ドイツの一流ホテルで実際にあった感動の実話を映画化した伝記ドラマである。

主人公はスリランカ人の父とドイツ人の母を持つ青年サリヤ(コスティア・ウルマン)。彼はとても頭が良く明るい性格の青年だ。そして、かつて父の母国のスリランカのホテルに滞在した経験から、将来は一流ホテルで働きたいという希望を持っている。

ところが、ある日突然、目がよく見えなくなる。病院で診てもらった結果、先天性の病気であることがわかる。手術をして、何とか普通の人の5パーセントの視力は残ったものの、95%の視力を失って弱視になってしまう。

父親は盲学校への転校を進めるが、サリヤは断固として拒否する。そして、抜群の記憶力と努力によって卒業を果たす。

となれば、次はいよいよ憧れのホテルへの就職だ。だが、目の障害を素直に告げて願書を出すもののすべて不採用になってしまう。そこで、サリヤは弱視であることを隠してミュンヘンにある最高級5つ星ホテルを志望。母と姉の献身的な協力もあって見事に研修生に採用される。

そんなサリヤに襲いかかる数々の困難と、それを乗り越えようとする奮闘ぶりをウェットに、あるいはシリアスに描くかと思いきや、そうではなかった。ユーモアにあふれた会話や個性的なキャラの活躍で、笑いどころが満載の映画なのだ。全体のテンポも抜群に良い。

前半に描かれるのは、弱視を隠して研修課題をこなしていくサリヤの姿である。客室の掃除、フロント業務、レストランやバーのスタッフなど、ホテルの業務をいろいろと経験していく。ただし、さすがに一人では課題をクリアできない。そこで彼をサポートするのが、同じ研修生のマックス(ヤコブ・マッチェンツ)だ。

彼はお調子者でいい加減な男。サリヤとは正反対のキャラだ。ただし、本質的にはとってもいいヤツ。だから、サリヤの目のことを知ったマックスは、何かと彼をサポートする。この2人の凸凹コンビぶりも、笑いを生み出す大きな要因である。

しかも、サリヤはただサポートされるだけではなく、逆にマックスをサポートすることもある。研修生としてけっして優秀でないマックスは、何度もサリヤの頭の良さに救われるのである。

他にもサリヤを助ける人物がいる。アフガンから逃れてきた皿洗いの男だ。実は、彼はアフガンでは外科医だった。そのため皿洗いではなく別の仕事をしたいのだが、移民に対する様々な規則があって思うようにいかない。そんな彼をサリヤがサポートする。

このように、障害者を健常者がサポートするというのではなく、おたがいにサポートしあう設定が秀逸だ。そうである。このドラマは病気や障害というテーマを超えて、より広い人と人とのつながりを描いた作品なのだ。

映画の中盤で、サリヤの前にはある女性が現れる。ホテルに出入りする農場のシングルマザーのラウラ(アンナ・マリア・ミューエ)だ。やがてサリヤは彼女と付き合うようになり、その息子とも交流するようになる。しかし、目のことは隠したまま。このことが、のちの波乱を巻き起こす。

順風満帆の研修生活を送っているかに見えたサリヤだが、やがてどんどん追い詰められて破綻が訪れる。この映画では、冒頭からしばしばサリヤ目線のぼやけた風景が挟み込まれる。これが効果的だ。サリヤが抱えた困難がいかに大きなものであり、そう簡単には乗り越えられないことを予感させる。

ついにウソで固めた研修生活に破綻をきたしたサリヤ。そこで彼は、あることに気づく。そして、再びチャレンジを始める。

そのあたりの詳細はネタバレになるので伏せるが、それを通して伝わってくるのは、人間は助け合って生きる存在だという事実である。自分を偽ったり強がるのではなく、自分の弱さを素直に認めて、足りないところは誰かの助けを借りればいいじゃないか。作り手たちのそんなメッセージが自然に伝わってきた。当たり前でも、なかなか気づかないこのことこそが、本作のテーマではないだろうか。

正直なところ、都合よすぎの場面も多いし、そもそも「世の中あんなに良い人ばかりではないでしょう」と言いたくなるような善人揃いのお話である。意地悪で厳しい指導係も最後に温情を見せたりする。でも、それはあえてやっていることなのだろう。そのあたりは、テンポの良い描き方もあって、それほど気にならなかった。

障害者差別や移民問題などもチラリと織り込み(ほんのチラリとだが)、たっぷりの笑いと押しつけがましくない感動を届けてくれる作品。多くの人が温かな心持ちで映画館を後にできるはずだ。

●今日の映画代、1300円。TCGメンバーズカードの会員料金にて。

f:id:cinemaking:20180117211437j:plain

◆「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(MEIN BLIND DATE MIT DEM LEBEN)
(2017年 ドイツ)(上映時間1時間51分)
監督:マルク・ローテムント
出演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト、ミヒャエル・A・グリム、キダ・コードル・ラマダン、ニラム・ファルーク、ジルヴァーナ・クラパッチュ
新宿ピカデリーほかにて全国公開中
ホームページ http://5p-kiseki.com/

「ブリムストーン」

「ブリムストーン」
新宿武蔵野館にて。2018年1月12日(金)午後1時40分より鑑賞(劇場1/C-6)。

洋の東西を問わず天才子役は消えていく。幼い頃に強烈な印象を残せば残すほど、そのイメージが足を引っ張って、大人の俳優としての成長を妨げてしまう。スクリーンから消えるだけならまだしも、人生そのものから転落してしまう子役も珍しくない。

ダコタ・ファニングも天才子役として一世を風靡した。何といっても印象深いのは、2001年の「I am Sam アイ・アム・サム」だろう。ショーン・ペン演じる知的障害のある父親の娘役で、あまりのかわいらしさと健気な演技によって一躍大ブレイクした。

その後も彼女は、デンゼル・ワシントンロバート・デ・ニーロトム・クルーズなどと共演する売れっ子子役として活躍した。そして、大人になったダコタはどうなったのか?

オランダのマルティン・コールホーヴェン監督が手がけた「ブリムストーン」(BRIMSTONE)(2016年 オランダ・フランス・ドイツ・ベルギー・スウェーデン・イギリス・アメリカ)は、そんなダコタの大人の女優としての成長ぶりを、より明確にスクリーンに刻み付けた作品である。

舞台となるのは西部開拓時代のアメリカ。主人公は小さな村で助産師をしながら、夫と2人の子どもと穏やかに暮らすリズ(ダコタ・ファニング)。彼女はオランダからの移民であることが、あとになってわかる。そして彼女は耳は聞こえるものの、言葉を発することができなかったのだ。

そんなある日、彼女の住む村に顔に傷のある牧師(ガイ・ピアース)が現われる。何やら不気味な雰囲気を漂わせた男だ。彼を見るリズの目には明らかに普通でない光が宿っていた。そして牧師もまたリズを憎悪に満ちた目で見ていた。

まもなく教会での礼拝の後に、村の女が産気づく。リズは彼女の出産を手伝うが、子供は死産となってしまう。女の夫は、それをリズのせいだとして、彼女を攻撃しようとする。そして、牧師もまたリズを責め、「汝の罪を罰しなければならない」と告げる。リズは、家族に危険が迫っていることを伝えるのだが……。

1人の女性が得体の知れない人物によって追いつめられていく。そんなどこかで聞いたようなスリラー映画だと思ったら、本作はそんな簡単なものではなかった。全体の切り口は西部劇風スリラーなのだが、そこに描かれているのは壮絶かつ壮大な叙事詩なのだ。

この映画は「啓示」「脱出」「起源」「報復」という4章立てになっている。1章の「啓示」では、リズが牧師と出会い、運命を狂わせられるまでが描かれる。そして続く2章は時間をさかのぼって、彼女がその村に住むまでが描かれる。荒野をさまようリズはまもなく助けられるものの、売春宿に売られてしまう。そこからの脱出劇を通して、彼女がなぜ口がきけなくなったかが語られる。牧師との関係もおぼろ気に浮かぶ。

続く3章は、さらに時間をさかのぼる。そして、ついにリズの正体と牧師との関係が明らかになる。

1~3章を通して描かれるのは、女性蔑視の時代に虐げられた女たちの悲痛な叫びと、そこからの決起である。リズの母親は夫に虐げられ、反抗することもできずに滅んでいく。そのあまりに悲しい運命がリズの行動の源泉になる。母親とは違う人生を歩むべくリズはついに決起する。だが、そこには大変な困難が待ち受けている。それでも彼女はひるまずに前に進もうとする。

つまり、この物語は理不尽な支配に苦しむ女たちの年代記であり、そこから抜け出そうとするリズの一代記なのだ。それはあまりにも壮絶で、ときには目を覆いたくなる暴力シーンなどもある。だが、けっして目をそらしてはいけない。それもまたリズと女たちの闘いの記録なのだから。

さらに、本作は宗教のある一面を突いてもいる。牧師はとんでもない変態野郎なのだが、それを宗教と結びつけて、すべての行動を神の名のもとに正当化する。建国期のアメリカのキリスト教の極端な面を背景にしているとはいえ、それはあらゆる宗教にも通じることだろう。カルト宗教が起こす様々な事件を見るまではなく、宗教の持つ危うさが垣間見えてくる映画でもある。

3章ですべてが明らかになり、4章で時系列は再び1章につながる。牧師の魔の手を逃れようとするリズだが、そうたやすくは逃げおおせない。そのためドラマはすさまじい復讐劇へと突入していく。手に汗握るスリリングな展開。その果てに待っているのはカタルシスだ。なるほど、最後は西部劇風スリラーらしい観客をほっとさせるエンディングなのね。

と思ったらそうは問屋が卸さなかった。なんとその先には意外などんでん返しが待っていた。多少のやりすぎ感もないわけではないが、哀愁と余韻が残るエンディングで、壮大な叙事詩である本作の締めくくりにふさわしいものだろう。

マルティン・コールホーヴェン監督の重厚な演出が光る。ヒリヒリするような緊迫感、舞台となる様々な土地柄や季節の空気感などがよく伝わってくる演出だ。

そして何よりもダコタ・ファニングの見事な演技が見逃せない。とても23歳とは思えない貫禄さえ感じさせる演技だ。西部劇風スリラーを壮大な叙事詩に深化させた最大の立役者は、彼女かもしれない。まさに天才子役が、見事な大人の女優に成長した稀有な例だろう。

ちなみに、彼女の妹のエル・ファニングも昨年公開の「20センチュリー・ウーマン」「パーティで女の子に話しかけるには」で、魅力的な演技を見せていた。何という姉妹やねん!!

おっと、忘れるところだった。もう一人、忘れてはいけない役者がいた。得体の知れない牧師を演じたガイ・ピアースである。この世のものとは思うないほどの憎々しさと、狂気(特に宗教と結びついた)を見事に演じきっていた。あんなオッサンが本当にいたら怖くて表を歩けませんぜ。ホントに。

観終わって良い意味での徒労感が押し寄せてきた作品である。それほど観応え十分だったのだ。

●今日の映画代、1500円。新宿武蔵野館のクーポン(WEBで誰でも入手可能)で300円引き。

f:id:cinemaking:20180114213336j:plain

◆「ブリムストーン」(BRIMSTONE)
(2016年 オランダ・フランス・ドイツ・ベルギー・スウェーデン・イギリス・アメリカ)(上映時間2時間48分)
監督・脚本:マルティン・コールホーヴェン
出演:ガイ・ピアースダコタ・ファニングエミリアジョーンズ、カリス・ファン・ハウテンキット・ハリントン、ジャック・ホリントン、ヴェラ・ヴィタリ、カルラ・ユーリ
新宿武蔵野館ほかにて公開中。全国順次公開予定
ホームページ http://world-extreme-cinema.com/brimstone/

「嘘八百」

嘘八百
TOHOシネマズ シャンテにて。2018年1月8日(月・祝)午前11時30分より鑑賞(スクリーン2/E-11)。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年も当ブログでは、観た映画のレビューをつらつらと書き連ねていきますので、よろしくお願いいたします。

というわけで、ようやく今年最初の映画鑑賞である。記念すべき一本を何にするのか。悩みに悩み抜いた末に……といいたいところだが、実は何の考えもなしにヒョイと選んだのが「嘘八百」(2017年 日本)。素人にはよくわからない骨董の世界を舞台に、冴えない2人の中年男がコンビを組み、一世一代の大勝負に挑むコメディドラマである。監督は「百円の恋」の武正晴、脚本は「百円の恋」の足立紳NHK連続テレビ小説などを手がけた今井雅子の共同脚本。

主人公の2人の中年男とは、空振り続きの古物商・小池則夫(中井貴一)と落ちぶれた陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)。則夫は、娘のいまり(森川葵)を連れて千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺へやってくる。そこで佐輔と知り合うのだが、その出会いがユニークだ。

則夫が「西に吉あり」というラジオの占いに従って車を走らせていると、蔵のある屋敷にたどり着く。そこにいたのが家主らしき男・佐輔だ。彼に掛け合って、蔵の中を調べさせてもらったことをきっかけに、則夫は利休形見の茶器を発見し、則夫をだまして安い値段で引き取る。だが、実はそれは真っ赤な贋物。そして、佐輔は家主でもなんでもなかったのだ!!

騙したはずの則夫が佐輔の大芝居に騙される。いかにも騙し騙されの骨董の世界らしい話である。当然、則夫は激怒するが、同時に自分の目を狂わせた佐輔の腕には感服せざるを得ない。

おまけに、2人には人生の負け組という共通項があった。則夫はある古美術店主と大御所鑑定士に一杯食わされ、妻子に逃げられた過去を持つ。一方、佐輔もかつては将来有望な陶芸家だったものの、その古美術店主と大御所鑑定士にいいように利用され、転落していった。妻子とはずっと一緒に暮らしていたが、その妻もとうとう家を出て行ってしまった。

とくれば、則夫が起死回生の大勝負を挑もうとするのも、無理からぬことだろう。そのターゲットはもちろん、かつて2人が煮え湯を飲まされた古美術店店主・樋渡(芦屋小雁)と大御所鑑定士・棚橋(近藤正臣)だった。則夫は佐輔を誘って、「幻の利休の茶器」を仕立てて一攫千金を狙おうとするのである。

このドラマは、2人のダメ男によるバディムービーであり、人生のやり直しのドラマである。2人は詐欺まがいの大勝負に挑むが、敵はさらなる悪党というわかりやすい構図になっている。そして、人生負け組の2人からは、そこはかとない哀愁が漂ってくる。だから、観客は素直に感情移入しやすいのだ。

全体のタッチは軽妙で笑いに満ちている。武監督の演出はこの手のコメディのツボを突いている。中井貴一佐々木蔵之介の丁々発止のやり取りに加え、脇役たちの存在も絶妙のスパイスになっている。特に佐輔の贋作仲間である飲み屋のマスター(木下ほうか)、表具屋(坂田利夫)たちが、いかにも大阪風の笑いを振りまく。バース、掛布、岡田の三連発の話など小ネタも満載。大物鑑定士を演じる近藤正臣と、古美術店主を演じる芦屋小雁の、大阪商人らしい振る舞いもユーモラスだ。

映画の中盤では、佐輔による贋物の茶器づくりのようすがていねいに描かれる。贋物とはいえ、真剣かつ高度な作陶過程だ。その躍動感と熱気にあふれた場面は、「百円の恋」でのボクシングシーンを連想してしまうほどで、自然に引き込まれてしまったのである。

そして、いよいよ大勝負の時。クライマックスでは贋物の茶器を前に、文化庁までも巻き込む騒動になる。そこでの中井貴一の迫力ある口上が見事だ。展開自体はほぼ予想がつくものの、最後まで飽きることはなかった。

問題はその後に描かれる後日談だ。意外などんでん返しが用意され、思わぬ人物に利益がもたらされる。正直なところ荒唐無稽なドタバタ喜劇風で、個人的にはちょっと引いてしまったのだが、難しいことを抜きにして楽しめるという点では、こういう展開もありなのだろう。

取り立てて目新しさはないし、人間ドラマとしての深みがあるわけでもない。それでもツボを心得た脚本と演出によって笑いと人情をほど良くブレンドしている。そして何といっても芸達者なベテラン俳優たちの演技が観応え十分だ。おかげでウエルメイドの味のある大人のコメディドラマに仕上がっている。

そういえば、昔はこういう誰でも気楽に楽しめる大人の喜劇が、お正月にはよく上映されていたような気がする。何の考えもなしにヒョイと選んだにしては、新年第一弾のセレクトとしてピッタリだったのではないだろうか。うーむ、オレの直観もなかなかのものだぜ。

と新年から自画自賛するバカ野郎なのであった。

●今日の映画代、0円。TOHOシネマズのシネマイレージカードの貯まった6ポイントで無料鑑賞。

f:id:cinemaking:20180109211827j:plain

◆「嘘八百
(2017年 日本)(上映時間1時間45分)
監督:武正晴
出演:中井貴一佐々木蔵之介友近森川葵前野朋哉堀内敬子坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅桂雀々宇野祥平、ブレイク・クロフォード、寺田農芦屋小雁近藤正臣
*TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開中
ホームページ http://gaga.ne.jp/uso800/

「ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」

ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」
TOHOシネマズ みゆき座にて2017年12月26日(火)午後12時55分より鑑賞(I-6)。

動物園にはほとんど行ったことがない。大学時代にキャンパス近くに動物園があったが、そこにもめったに足を運ばなかった。学生のデートコースだという噂もあったから、彼女のいないオレはなおさら近よらなかったのだ。しかし、まあ、動物園の魅力は何となく理解できる。なにせいろんな動物がテンコ盛りだから動物好きにはたまらんだろう。オレも行けば、その魅力にはまるのかもしれない。

ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」(THE ZOOKEEPER'S WIFE)(2016年 チェコ・イギリス・アメリカ)は、そんな動物園を舞台にした映画である。といっても、楽しい動物映画ではない。ナチス占領下のポーランドで、300人ものユダヤ人の命を救った夫妻の実話をもとにしたドラマだ。監督は「クジラの島の少女」のニキ・カーロ。

1939年、ポーランドワルシャワにあるワルシャワ動物園。ヨーロッパ最大規模のこの動物園を運営するのは、ヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)の夫妻である。

冒頭で描かれるのは、アントニーナがいかに動物をかわいがり、動物に尽くしているかを物語る場面だ。朝起きたアントニーナ。そのベッドの上には動物がいる。そしてベランダに出ると夫のヤンが動物を散歩させている姿が目に飛び込む。

アントニーナもすぐに動物園に行き、自転車で朝の見回りをする。その後ろを子供のラクダがついていく。たくさんの動物たちに声をかけるアントニーナ。それに応えるかのような生き生きとした動物たちの姿。何とものどかで幸福なシーンである。

続いて登場するパーティーシーン。そこにはアントニーナとヤンたちとともに、ヒトラー直属の動物学者ヘック(ダニエル・ブリュール)がいる。見るからにくせ者だ。彼がこの映画の敵役になる(「ヒトラーへの285枚の葉書」もそうだったが、ダニエル・ブリュールはなぜかナチス絡みの役がよく似合う)。

そんな中、動物園のゾウにアクシデントが起きる。アントニーナが駆けつけると、生まれたばかりの子ゾウが息をしていない。アントニーナは親ゾウに攻撃される危険も顧みずに近づいて、小ゾウを蘇生させようとする。

アントニーナの動物に対する献身的な愛と信頼が伝わるシーンだ(ちなみに、アントニーナが動物を好きになった背景には、過去の悲しい出来事があったことが後ほど明らかになる)。アントニーナと動物との幸せな日々を描いたこうしたシーンが、その後の波乱をより際立たせる。

まもなくドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発する。動物園は爆撃されて多くの動物が亡くなる。さらに、ナチスの方針によって動物園の存続は危機に瀕し、ヘックが現われて“希少動物を救いたい”と申し出る。

一方、ナチスユダヤ人をゲットー(ユダヤ人強制居住区)に連行する。それを見たヤンはアントニーナに「この動物園を隠れ家にする」という提案をする。最初は驚いたアントニーナも提案を受け入れ、協力してユダヤ人たちを動物園に匿おうとする。

当然ながらその計画は危険なものだ。ナチスに見つかれば、アントニーナたち家族も命がどうなるかわからない。そこでヤンは面白い作戦を考える。動物園を養豚場にして、その餌の残飯をゲットーから運ぶ隙にユダヤ人たちを動物園に連れてくるのだ。

そして、動物園の地下室の動物用の檻を寝床にしてもらい、温かい食事と毛布などを振る舞う。また、園内に駐在するドイツ兵の目を欺くために、アントニーナのピアノの合図で隠れたり静かにしてもらうなど、様々な工夫をする。

とはいえ、危険なことに変わりはない。夫妻は何度も危ない目に遭う。そうした展開をスリリングに描くとともに、アントニーナの行動の源泉を正攻法から描いていく。

それはズバリ、愛である。冒頭で見られたアントニーナの動物への献身的な愛は、家族へも、そしてユダヤ人にも注がれる。彼女にとって、命はどれも大切なものであり、そこに分け隔てはないのだ。そのために勇気を持って行動する。

彼女のまっすぐな愛と勇気が、周囲の人々を動かしていく。ユダヤ人たちを救うために、ヘックに接近したアントニーナはヤンから疑惑の目を向けられ、一時的に夫婦仲が険悪になる。しかし、それでも彼女の信念は揺るがない。

ゲットーでドイツ兵に暴行された少女が、アントニーナの献身によって心を開いていくエピソードも印象的だ。それもまたアントニーナの愛と勇気のなせる業だろう。

終盤は、ホロコーストの犠牲になったコルチャック先生(作家・教育者としても知られるポーランドの偉人とのこと)や、民衆による武装蜂起のエピソードなども盛り込みつつ、アントニーナにとってギリギリの場面を映し出していく。

エンディングに描かれるのは戦後の後日談だ。そこでは大きなサプライズが用意されている。そのあたりも含めて、やや都合よすぎの展開はあるものの、何しろ実話ベースのドラマなので仕方のないところだろう。いずれにしても感動的なラストで心が温かくなる。

アントニーナを演じたのはジェシカ・チャステイン。強烈な個性の女性ロビイストを演じた「女神の見えざる手」とは一転して、今回は優しく、聡明で、その中に芯の強さを秘めた女性を好演している。これだけ幅広い役柄を演じ分けられるのだから、見事なものである。

ホロコーストにまつわる意外なドラマを知るとともに、愛と勇気の大切さをあらためて伝えてくれる作品だ。移民排斥など排他的な雰囲気が漂う今だけに、なおさら心に響く作品である。

●今日の映画代、1400円。毎週火曜は、TOHOシネマズのシネマイルカードの割引料金。

◆「ユダヤ人を救った動物園~アントニーナが愛した命~」(THE ZOOKEEPER'S WIFE)
(2016年 チェコ・イギリス・アメリカ)(上映時間2時間7分)
監督:ニキ・カーロ
出演:ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグダニエル・ブリュール、マイケル・マケルハットン、イド・ゴールドバーグ、ゴラン・コスティッチ
*TOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開中
ホームページ http://zookeepers-wife.jp/

 

「勝手にふるえてろ」再鑑賞&ベスト10

勝手にふるえてろ」再鑑賞&ベスト10

今年の東京国際映画祭コンペティション部門に出品されて観客賞を受賞した「勝手にふるえてろ」をこの間の土曜日(23日)に、シネ・リーブル池袋にて再鑑賞した(午後1時10分の回。シアター2/H-4)。

東京国際映画祭では関係者向け上映で、無料で鑑賞させてもらったのだが、予想以上の面白さだったので、今回は自腹で鑑賞したのである。

2度観てもやはり面白い! 特に松岡茉優の演技は何度観ても素晴らしい。屈折したオタク女子の内面をあそこまで演じ切るのだから名演としか言いようがない。

原作にない数々の仕掛けを施した大九明子監督の脚本・演出も見事だ。ヨシカが街の人々に近況を語る設定とミュージカル風の場面は、後半の彼女の孤独をより際立たせる。

そして、ラストの玄関先でのシーンは間違いなく名シーンである。観ていて心が揺さぶられた。オレにとって今年のベスト映画の1本である。

というわけで、「今年観た映画のベスト10を選べ」というリクエストがよく来るのだが、そんなもの決められん!! 映画に順位などあるものか。ライムスター宇多丸もTBSラジオの「ウィークエンド・シャッフル」でそう言っていたぞ!

とはいえ、彼もまた番組のためにランキングを発表していたわけで、オレも無理やりベスト映画10本(洋画・邦画それぞれ+次点)を挙げてみますかね。あくまでも無理やりだけど。観てない映画もたくさんあるから。

●洋画
①「ドリーム」
②「マンチェスタ・バイ・ザ・シー」
③「わたしは、ダニエル・ブレイク」
④「エル ELLE
⑤「アトミック・ブロンド
⑥「パターソン」
⑦「沈黙 サイレンス」
⑧「ムーンライト」
⑨「ありがとう、トニ・エルドマン」
⑩「スウィート17モンスター」
次点「わたしたち」

●邦画
①「夜空はいつでも最高密度の青色だ」
②「三度目の殺人
③「勝手にふるえてろ
④「いぬむこいり」
⑤「幼な子われらに生まれ」
⑥「彼女がその名を知らない鳥たち
⑦「花筐/HANAGATAMI」
⑧「ひかりのたび」
⑨「散歩する侵略者
⑨「ひかりのたび」
⑩「おじいちゃん、死んじゃったって。
次点「美しい星」

邦画の4位に4時間超の長尺映画「いぬむこいり」を挙げたところが、オレらしいというか。でも、面白かったのだから仕方ない。おかげで3回も観てしまった。

とまあ、こんな感じである。あくまでも個人の感想なので、文句は受け付けませぬ(笑)。