映画貧乏日記

映画貧乏からの脱出は可能なのだろうか。おそらく無理であろう。ならばその日々を日記として綴るのみである。

「流浪の月」

「流浪の月」2022年5月18日(水)池袋HUMAXシネマズにて。午後12時20分の回(D-9) ~理解し難い関係を役者の演技で体現した濃密な映画 リスクを避けて空いた映画館を探して出かける今日この頃。この日観たのは「流浪の月」。池袋では何と3館で上映して…

「マイスモールランド」

「マイスモールランド」2022年5月13日(金)池袋シネマ・ロサにて。午後12時20分より鑑賞(シネマ・ロサ2/D-8) ~静かな怒りの炎がそこにはある。在日クルド人少女の苦境 「国家を持たない世界最大の民族」と呼ばれるクルド人。日本でも埼玉県の川口市な…

「ツユクサ」

「ツユクサ」2022年5月10日(火)シネ・リーブル池袋にて。午後12時50分より鑑賞(シアター2/D-6) ~ホンワカした雰囲気の中で描かれるワケあり男女の爽やかな恋 ついに、ついに、ほぼ3か月ぶりに映画館へ行ってきたのだ。心臓手術以来初!積極的に行く気…

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」

「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」2022年5月5日(木)GYAO!にて鑑賞。 ~密室殺人に挑む名探偵。アガサ・クリスティー風本格派ミステリー おウチで映画鑑賞第三弾。アカデミー賞にもノミネートされたライアン・ジョンソン監督・脚本の「ナイブズ・…

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」2022年5月4日(水)GYAO!にて鑑賞。 ~虐待母にひたすら尽くす無償の愛 おウチで映画鑑賞シリーズ第二弾。2018年公開の「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。タイトルから想像するに、息子を邪険に扱う母親との関係を描いたド…

「閉鎖病棟-それぞれの朝-」

「閉鎖病棟-それぞれの朝-」2022年5月3日(火)GYAO!にて鑑賞 ~生きる希望を感じさせる精神科病棟のドラマ ゴールデンウィークで映画館はけっこう賑わっているようだ。なにせコロナには絶対にかかるなと医師から厳命されている身ゆえ、混んだ映画館に行く…

「愛しのダディー殺害計画」

「愛しのダディー殺害計画」2020年4月23日、Vimeoにて視聴 映画館にはまだ行けないが、とりあえず配信サイトで観た映画の感想を書きます。 2020年に公開になった「愛しのダディー殺害計画」。CMやミュージックビデオ、ショートムービーなどを手がけてきたイ…

闘病記その4(最終回)

入院生活も2週間を過ぎた。当初の退院予定は2~3週間。そのタイムリミットが間近に迫ってきた。もちろん痛みはあるし、手術の影響は色々と体に出ているものの、それも徐々に良くなりつつあった。この調子なら3週間で退院かな? そう思い始めた時に、主治医が…

闘病記その3

一般病棟に移ってからは比較的順調に回復した。本館7階のN(北)病棟。当初はナースステーションの真ん前の病室で(もちろん何か異常があった場合に、すぐに対応できるように)。その後はナースステーションからは遠いけれど広めの714号室で(4人部屋で差額…

闘病記その2

手術はやはり6時間かかったという。 「という」などと持って回った表現をしているのは、手術中は全身麻酔でまったく記憶がないからだ。意識が戻ったのもいつだかわからない。だが、相当に体へのダメージがあったのは確かだ。手術後はICU(集中治療室)に入っ…

闘病記その1

映画館に行けない間は、動画配信で見た映画の感想でも書こうかと思うのだが、通院、リハビリ、おまけに親の介護等で時間が取れず。仕方がないので、2~3月に経験した手術・入院のことでも振り返ってみようと思う。まあ、興味のない人はスルーしてくださいま…

園子音監督のこと

園子音監督が、自分の立場を利用して女優たちに性行為を強要していた事実が明らかになりつつある。もちろん現時点で全貌はわからないが、業界では有名な話だったという。 業界から縁遠い自分は、そんなことを知る由もなかったのだが、このブログでも過去に「…

自宅療養中です。

ご無沙汰しております。 2月22日に心臓の手術をして、色々あって回復が遅れ、結局3月19日に退院しました。 とはいえ、まだ完調には程遠く、自宅療養を続けています。 そろそろ活動を再開しようと思うのですが、コロナの動向もあり映画館にはまだ行けそうにあ…

「ウエスト・サイド・ストーリー」

「ウエスト・サイド・ストーリー」2022年2月17日(木)ユナイテッド・シネマとしまえんにて。午後12時20分より鑑賞(スクリーン3/E-16) ~スピルバーグが現在の社会情勢を反映させた名作ミュージカルの再映画化 いつもありがとうございます。実はしばらく…

「ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ」

「ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ」2022年2月15日(火)グランドシネマサンシャインにて。午後3時より鑑賞(スクリーン2/E-6) ~権力と闘う伝説の歌手の強い意志と人間的な弱さ ジャズには疎いのだが、ビリー・ホリデイというシンガー…

「ちょっと思い出しただけ」

「ちょっと思い出しただけ」2022年2月13日(日)シネ・リーブル池袋にて。午後11時55分より鑑賞(スクリーン1/C-8) ~キラキラした恋愛の日々を時間をさかのぼって見せる切なすぎるラブストーリー ラブストーリーは、いかに観客の共感を呼ぶかが鍵。観客…

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」2022年2月11日(金・祝)池袋シネマ・ロサにて。午後1時15分より鑑賞(シネマ・ロサ2/D-9) ~巨大企業と闘い続けた実在の弁護士を映画化。静かな怒りの炎が燃える 「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた…

「355」

「355」2022年2月7日(月)池袋HUMAXシネマズにて。午後12時30分より鑑賞(スクリーン6/D-8) ~主役級は全員女性。女性の時代らしく女性スパイが輝くアクション映画 「355」というタイトルのアクション映画。何ともそっけないタイトルだが、18世紀アメリ…

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」

「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」2022年2月2日(水)グランドシネマサンシャインにて。午後2時35分より鑑賞(スクリーン10/D-8) ~ウェス・アンダーソン監督らしさがあふれる架空の雑誌の映画版 長いタイトルの…

「前科者」

「前科者」2022年1月31日(月)TOHOシネマズ 池袋にて。午後12時40分より鑑賞(スクリーン7/E-9) ~前科者の更生の意味を問う。骨太な社会派エンターティメント 保護司という仕事があるのは知っていた。犯罪者の更生を助ける仕事だ。だが、それが非常勤…

「麻希のいる世界」

「麻希のいる世界」2022年1月30日(日)新宿武蔵野館にて。午後2時55分より鑑賞(スクリーン1/A-6) ~「害虫」を想起させる荒々しくて力強い青春ドラマ 塩田明彦監督の映画で、個人的に最も印象に残っているのは「害虫」(2002年)だ。宮崎あおい扮する…

「コーダ あいのうた」

「コーダ あいのうた」2022年1月28日(金)池袋HUMAXシネマズにて。午後12時50分より鑑賞(スクリーン4/H-9) ~家族の中でたった一人の健聴者の迷い。大成功のリメイク版 外国の映画をアメリカでリメイクすると、形は似ていても中身がスカスカの映画にな…

「三度目の、正直」

「三度目の、正直」2022年1月26日(水)シアター・シメージフォーラムにて。午後1時30分より鑑賞(スクリーン1/C-4) ~神戸の街で普通の人々が遭遇する苦悩。不思議な魅力を持つ群像劇 いまや映画ファンなら誰でも知る存在になった濱口竜介監督。その出…

「さがす」

「さがす」2022年1月23日(日)池袋シネマ・ロサにて。午後1時20分より鑑賞(シネマ・ロサ1/D-11) ~3つの視点のドラマが交錯する。いくつもの要素を持つミステリー 自主製作した長編デビュー作「岬の兄妹」で注目された片山慎三監督。衝撃作という形容…

「ハウス・オブ・グッチ」

「ハウス・オブ・グッチ」2022年1月22日(土)池袋HUMAXシネマズにて。午後1時20分より鑑賞(スクリーン5/C-9) ~高級ブランドの創業者一族の愛と欲望の実録ドラマ。レディー・ガガらが怪演 高級ファッションブランド「GUCCI(グッチ)」。その創業者一…

「クライ・マッチョ」

「クライ・マッチョ」2022年1月20日(木)ユナイテッド・シネマとしまえんにて。午後2時25分より鑑賞(スクリーン5/G-13) ~イーストウッドのたたずまいが人生を語る。孤独な老人と少年のロードムービー いよいよこれが最後の監督作か。と毎回思わせられ…

「ユンヒへ」

「ユンヒへ」2022年1月9日(日)シネマート新宿にて。午後1時10分より鑑賞(スクリーン1/E-14) ~静謐な空気感の中から滲み出す、かなわなかった恋への思い 1995年の「Love Letter」は、中山美穂と豊川悦司が主演した岩井俊二監督の劇場用長編映画第1作。…

「決戦は日曜日」

「決戦は日曜日」2022年1月8日(土)グランドシネマサンシャイン 池袋にて。午後1時10分より鑑賞(スクリーン8/D-5) ~困った二世候補と賢い秘書の奮闘。日本では珍しい政治風刺劇 「決戦は日曜日」は選挙を描いたコメディー。そう聞いても最初はイマイ…

「エッシャー通りの赤いポスト」

「エッシャー通りの赤いポスト」2022年1月7日(金)ユーロスペースにて。午後1時より鑑賞(ユーロスペース2/D-9) ~園子温監督の原点回帰。凄まじい熱量を持った群像劇 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年最初の映画です。 取り上げ…

「私はいったい、何と闘っているのか」

「私はいったい、何と闘っているのか」2021年12月29日(水)シネ・リーブル池袋にて。午後2時35分より鑑賞(シアター2/G-4) ~一生懸命なのに空回り。中年男の笑って泣ける人情コメディー 年末といえばやはりコメディー。いや、そんなことはないか。まあ…