映画貧乏日記

映画貧乏からの脱出は可能なのだろうか。おそらく無理であろう。ならばその日々を日記として綴るのみである。

私事雑感

闘病記その4(最終回)

入院生活も2週間を過ぎた。当初の退院予定は2~3週間。そのタイムリミットが間近に迫ってきた。もちろん痛みはあるし、手術の影響は色々と体に出ているものの、それも徐々に良くなりつつあった。この調子なら3週間で退院かな? そう思い始めた時に、主治医が…

闘病記その3

一般病棟に移ってからは比較的順調に回復した。本館7階のN(北)病棟。当初はナースステーションの真ん前の病室で(もちろん何か異常があった場合に、すぐに対応できるように)。その後はナースステーションからは遠いけれど広めの714号室で(4人部屋で差額…

闘病記その2

手術はやはり6時間かかったという。 「という」などと持って回った表現をしているのは、手術中は全身麻酔でまったく記憶がないからだ。意識が戻ったのもいつだかわからない。だが、相当に体へのダメージがあったのは確かだ。手術後はICU(集中治療室)に入っ…

闘病記その1

映画館に行けない間は、動画配信で見た映画の感想でも書こうかと思うのだが、通院、リハビリ、おまけに親の介護等で時間が取れず。仕方がないので、2~3月に経験した手術・入院のことでも振り返ってみようと思う。まあ、興味のない人はスルーしてくださいま…

自宅療養中です。

ご無沙汰しております。 2月22日に心臓の手術をして、色々あって回復が遅れ、結局3月19日に退院しました。 とはいえ、まだ完調には程遠く、自宅療養を続けています。 そろそろ活動を再開しようと思うのですが、コロナの動向もあり映画館にはまだ行けそうにあ…